読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Steelpanはパンじゃないぞ

アニメと音楽について気ままに

話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10選

結局今年も年内に書けないYO。というか1年ぐらい更新していないが何事もなかったかのように書くのが粋ってもんだ。TVアニメ10選今年も選びましたので参加をしたいです。遅くなっても、投票に入らなくても続けることがいつか・・・・・・・なんだよ。

参加者一覧は今年も「新米小僧の見習日記」でまとめて頂いているようですので、私の稚拙な選出よりもこちらを見て頂くと2016年のアニメが振り返られるでしょう。

 

ルール
・2016年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない

 

ラブライブ!サンシャイン!!  #10「シャイ煮はじめました」
脚本:花田十輝 絵コンテ:古田丈司 演出:南川達馬 作画監督:井元一彰、水野辰哉

f:id:maeke39:20170109162822j:plain

前作より、アホだ。9人揃ってさてどうなるかと思ったりがアホが増え、ギャグのキレがマシたのだ。3年生の頼りにならない感じが大好きな私です。Aパートで怒涛のごとく繋がれるギャグ、テンションをキープしながら衝撃のラスト。サンシャインが目指すべき道はこっちや!(NSC)

 

舟を編む 8話 「編む」
脚本:冨田頼子 絵コンテ:黒柳トシマサ、長屋誠志郎 演出:由井翠
総作画監督青山浩行 作画監督山崎淳石井丈裕、小柏奈弓、高野羽二、りお

f:id:maeke39:20170109162823j:plain

時間経過の演出はさりげなさが重要だと私は思う。いきなり10年後とかテロップで出すのではなく、あれ、ここ変わってますね。あ、ここ違いますね。と時間経過による変化を小出ししていくやり方が好みだ。西岡の出し方が良い。さりげない馬締との関係性の変化を優しく感じるのだ。

 

ふらうぃんぐういっち  第4話「桜の中の占い師」

脚本:福田裕子 絵コンテ・演出:倉川英揚

作画監督:芝田千沙・徳田賢朗・前田義宏・藤部生馬

f:id:maeke39:20170109162821j:plain


犬養さんのラストの顔バレにトキめかない男子はいないと思いますが、アバンAパートのチャキチャキ進む祭りを楽しむ3人の演出が見事。空気はのんびりしているのにテンポが良い。この作品の良いところがもりもり出て〼。そしてここも時間経過の描写が見事、アバンは昼の桜風景、ラストは夜の桜風景。さり気なく1日のある出来事風にまとめてくるトコ、良いですねえ。

 

三者三葉 第1話 パンの耳ですわ
脚本:子安秀明絵コンテ・演出:木村泰大
作画監督山崎淳、小倉寛之

f:id:maeke39:20170109162817j:plain

割と退屈な1話だったと思う。しかし僕は後半の最後の3分が大好きである。3人が向かった先はスーパー銭湯。銭湯でもない、旅行先の温泉地でもない。商店街のビルの中にある、ただのスーパー銭湯。そうこれ、このリアル感が僕は大好き。2015年邦画名作ビリギャルでも有村架純スーパー銭湯で女子トークに花を咲かせていた。これがリアル女子なのだ、知らんが。話的には入れなくても別に問題なさそうだが、そこからのED(これが90年代の日曜の夜アニメ感がたまらなくて大好き)への流れを重要視したのであろう。こういうフェチっぽいやり方が1話から出てくるのだから三者三葉はいい。

 

 

ハイスクールフリート  第12話「ラストバトルでピンチ!」

脚本:吉田玲子 絵コンテ:西島克彦・藤森カズマ 演出:橋本能理子 

作画監督:小澤円・芳賀亮

f:id:maeke39:20170109162818j:plain


シリアスなのかはたまた日常のんびり系なのか、全話通してどっちつかずな不思議なアニメだった。しかしこの話数、特にラストシーンを見ればこの作品がいかに実直な作品だった事がわかるだろう。王道展開の吉田玲子、大健在。潔く気持ちの良い最終話だった。トーリカージ!

 

 あまんちゅ  第12話 蒼い世界のコト

脚本:赤尾でこ 絵コンテ:佐藤順一 演出:德本善信
作画監督:山中いづみ/柴田裕司/関本美穂/山田真也/谷口繁澤/杉田葉子/山本道隆

f:id:maeke39:20170109162819j:plain

サトジュン必殺の挿入歌暴力回。坂本真綾さんの歌う「ロマーシカ」含め、音楽との調和で映える映える。この作品でこれが見たかった…視聴者の長き思いとヒロインの海へと潜る喜びが混ざり合う。優しいカタルシスに満ちた、らしい回が最後にきた。待たせやがって…

 

 甲鉄城のカバネリ 第1話『脅える屍』

脚本:大河内一楼 絵コンテ:荒木哲郎 演出:荒木哲郎、渡邉徹明、田中洋之

作画監督:齊藤卓也、手塚響平、江原康之、丸藤広貴 総作画監督:江原康之

f:id:maeke39:20170109170629j:plain

無名ちゃんアクション本領発揮の2話と迷ったがこちらを。呼吸をするのを忘れるほどのスピード感、圧倒的絶望感を劇場クオリティの作画でお見舞いするとんでも話数。その中に美しさを超えた神秘性を持って現れた無名ちゃん、一縷の希望となって落とされたのだった・・・完

 

 アイカツスターズ! 第25話 「ブロードウェイ☆ドリーム」
脚本:柿原優子 絵コンテ・演出:安藤尚也
作画監督:鈴木萌、宮谷里沙

f:id:maeke39:20170109170631j:plain

春ちゃんの本領発揮具合に目がくらむ。がその舞台を支える裏方の頑張りや、工夫まで目を配らせ、一つの大きな舞台を作るというストーリーにモノホンのブロードウェイのドキュメンタリーを見せられた気になる!そして1つのお話をパッキングしてお届けられたかのような視聴後感!舞台袖のスイッチを落としてエンディングに入るところなど各所に散りばめられた小粋な演出が光る良回。

 

 

響け!ユーフォニアム2  7話 えきびるコンサート

脚本/花田十輝 絵コンテ・演出/藤田春香 

作画監督/岡村公平、西屋太志

f:id:maeke39:20170109170630j:plain


相変わらず熱量技量密度純度全ての回で高水準だったユーフォ2。もはや全回語りどころしかなく、特に同じ曲を何回も演奏するコンクール問題に圧倒的な熱量と積み重ねによってそれを解決する5話と迷った・・・・がここは個人的な趣味を発揮する場所だろう。宝島×小笠原×佐々木梓のトライアタックにやられた7話を俺は選ぶぜ。結局藤田春香さん演出を昨年に続き選んでいるあたりやはり彼女とはウマが合うようだ。

 

灼熱の卓球娘 第三球「好きっ!!」
脚本:倉田英之 演出:孫承希 絵コンテ:入江泰浩
作画監督:樋口香里、佐藤友子

f:id:maeke39:20170109191737j:plain

 

 

そこのあなた!!灼熱の卓球娘見ましたか?答えはNOでしょう!!知らんけど。とにかく秋アニメの中でもユーフォを除いて圧倒的に作品に向いた熱量を感じた作品がこれでした。今年の中でもずば抜けてクオリティの高いOPED、卓球の試合中に絡み合うBGMの高まりに呼応するキャラクター感情、筋の入った王道のストーリーなど見どころありまくりのダークホースちゃんその中でもこの3話。

自分が卓球が上手い強いという事実をすべて自尊心に注ぐ、あがり。まさに褒めろ!もっと俺を褒めてくれ状態であるこの子を、卓球以外はすべてドジっぽい主人公こよりちゃんがその自尊感情の仮面を最高のスマッシュで瓦解させ本来の卓球の楽しさを思い出させてやる!!というお話(ちょっと違うな)ですが、、熱い!!まさに灼熱や!!あがりの心情の変化を試合中に見事に描き切り、高まったところで今まで苦手で捨てていたフォアスマッシュに切り替えてしまうあがりちゃん。この高まって自然にでも自発的にそうなってしまった感と焦らす演出が堪らない。そしてラストあがりとこよりがラケットをつき合う場面での、エンディングの入り、そして2番までエンディングを流してその好きの感情を思い出すシークエンスをもう一度被せる。もう!このクサい感じがとってもお似合い!

 

f:id:maeke39:20170109191736j:plain

 

得体の知れない主人公というところでは咲の宮永さんにも共通するところですが、このこよりちゃんの魅力は何でしょうね!!彼女のスマッシュのなんと清々しいこと!10話も最高なこよりスマッシュカタルシスがあるのですが、厭らしさや計算が一切ないのがビューティフル。

 

こんなところでしょうか。今年も良い作品に恵まれますように!アディオス!また来年!